チラシ業者を選定する

■よいチラシ業者とは

当たる、よいチラシをつくるためには当然ながら、よいチラシ業者を探すことが第一条件である。たとえ素晴らしい企画で当たるチラシのラフ案ができたとしても、それを具現化するチラシ業者が悪くては当たるチラシは完成しない。じっくりとチラシ業者を選ぶことが成功へお道である。そこで、よいチラシ業者選びのポイントをいくつか挙げておこう。

  • チラシデザイン力がある。よくあるのが、とにかく丁寧に作ろうとして入るのだが、チラシらしくない、硬い感じに仕上げてしまう業者。やはり、チラシ作りの根本を抑えた「チラシデザイン力」のある業者を選ばなければいけない。
  • チラシ慣れしている。印刷業者は様々でカタログが得意、本のカバーが上手、チラシがメインなど、それぞれ得意分野が異なる。やはり、チラシをたくさん作っており、売り上げの中心がチラシ印刷であるような業者を選んだほうがいいのである。
  • 企画提案ができる。当たったチラシの成功事例をたくさん持っており、その中から、当たる企画を提案できる業者、やはり、研究熱心な業者はいろいろなノウハウを持っている。
  • 業種に専門特化している。例えば食品スーパーのチラシを作らせたらこの業者の右に出るところはない、といわれるような業者はやはり剛。また、担当レベルでも、その業種についてはよく知っており、情報を持っているということが大事なポイントである。
  • 小回りが利く。小さな手直しでも嫌がらずにすぐに対応し、かつ素早く仕上げる能力がある業者
  • 料金がリーズナブル。相見積もりをとっても、比較的安い業者。