チラシ企画内容

企画よりも予算が先

売り上げ予算が決定したら、その予算達成のための企画内容を練らなければならない。欲、先に企画内容を決め、それから予算を組み、商材を決定することがある。しかし、本来的にはいくらの売り上げ目標でその予算を達成するためにどのような企画内容を組むかというのが本筋である。

予算も決まらないのに、企画の内容が決まるわけがない、もちろん年に一度の名物催事で、年間計画の中にあらかじめ決まっているものは別であるが、とにかく、企画内容はまず売り上げ予算ありきである。

売り上げ予算が決まったら、何を中心に打っていくかを検討し、商品中心の企画を組んでいく。これを商品企画訴求という。

■その時期に最も売りたい商品を中心に

商品は特にその時期に売りたいものを中心にぶつけていく。主力となるものがはっきりしている場合やシーズン商品が強い店では特に効果的である。その際の重要ポイントはその主力商品の売り上げ目標とチラシ商材の連動である。つまり、店全体の売り上げ目標を細分化し、その商品の売り上げ目標を明確にする。そして、目玉でいくら売るのか、そのためにはチラシアイテムが何アイテム、何本必要かを計算することにより、チラシアイテムが決定されていくのである。