チラシ予算

■予算なしでは作れない

まずチラシは売り上げ予算ありきである。売上予算のないチラシは計画性のないチラシといってもよい。もっと言えば予算を決めないと、チラシは作れないのである。例えば、チラシ売り上げ予算を4日間で1000万円とするならば、通常の物販業では7~5%の予算をとる。これはあくまでもチラシ期間中の売り上げに対してであり、チラシ外期間も含めた売り上げで考えると、5~3%くらいの割合となる。

したがって、目標1000万円の7%=70万円がチラシのコストと考える。この70万円印刷代、版元代、折込代すべてが含まれる。では、70万円の予算からどのようにチラシを組み立てているのか。

まず枚数であるが、カンに頼らず、商圏を把握してチラシ枚数を決めること。商圏確定の仕方は依然述べたことがあるので、割愛する。

■カラーとサイズはおのずと決まる

枚数が確定したら、次に一枚当たりのコストを算出する。例えば10万枚であれば、70万円÷10万枚で7円となる。つまり、1枚7円でチラシを作り、織り込まなくてはならない。とすると、通常折込代はB4が2.5円、B3で3.5円くらい、チラシ代は両面カラーで10万枚くらいだと1枚当たりB4で4~5円B3で7~10円くらいなので、おのずと、B4で両面カラーまたは片面2色というように、チラシのサイズと色が決まってくる。

■予算と計画が大切

よく見かけるのが年に一度だけだから、カラーを使わないとイメージが悪いから、など、なんとなくカラーとサイズを決めているケース。しかし、細かく売り上げ予算と経費計画を決め、チラシ作りを進めていくことが大切なポイントなのである。