シニア向けのレイアウト

  • シニア向けのレイアウトにしたい

高級感を伝えるためにはシンプルにし、伝わりやすいものを目指します。要素のそれぞれが無駄なくまとまるように配慮します。

  • シニアに配慮すべきこと

シニア向けの媒体では見やすさやわかりやすさを重視する必要があります。その意味では子供向けのレイアウトと共通する部分もありますが、シニア向けの媒体は一般に子供向けのものよりも、複雑で多くの情報を掲載します。

したがって、情報をわかりやすく整理して、導線にも配慮したレイアウトにする必要があります。紙面の雰囲気作りは、掲載する情報の内容やシニアの好みから導き出しましょう。当然、子供っぽい元気なものではなく、落ち着いた雰囲気のものが多くなるはずです。

  • レイアウトはシンプルに

レイアウトの構造は、シンプルでわかりやすくすることがもっとも大切で、書体もポップすぎるフォントや極太のフォントは使用しません。オールドスタイルの明朝体や、楷書体などがよく使われ、ゴシック体の場合でもあまり懐の広いフォントは向きません。

配色面では市アドを抑え気味にして、比較的落ち着いた色を使うことが多く、色数も少な目にします。

なお、レイアウトの経験が少ない人ほどベーシックなレイアウトをつまらないと感じ、奇をてらったものを作ろうとする傾向があります。もちろんそういった新奇性を要求される場合もありますが、シニア向けの媒体では、奇をてらったレイアウトはあまり必要とされません。ベーシックでわかりやすいレイアウトを美しく見せることを心がけましょう。ベーシックなもの、シンプルなものほどごまかしがきかず、みせる技量が問われるものです。

  • 複雑な要素の整理と強調

掲載する情報が多くなるシニア向けの広告やダイレクトメールなどは、雑誌などのレイアウトよりもさらに見せ方や情報の整理に注意を払わなければいけません。

ターゲットであるシニア層に対して、一番最初に配慮すべきことは、これがシニア層をターゲットとした情報であるということを一目で理解できるようにすることです。テキストや図版だけで理解してもらうのは非常に難しいので、同年代の人物写真を使って、それを表現するという方法がよく使われます。

ただし、セールスが目的ですから、オーソドックスな見せ方であっても、目を引くキャッチーな部分を作る必要があります。例えば、左上の受講生募集や、パソコン教室の左にある初心者の方、シニアのための、下段中央の無料体験レッスン開催中などです。それぞれに目立たせる装飾や工夫を凝らしていますが、派手すぎず、適度な強調感にとどまっています。

  • チャートや時系列の見せ方

チャートや時系列などの見せ方もターゲットがシニア層の場合は配慮すべき項目です。例えば、一か月三か月の達成結果とひと月ごとの変遷を示す二つのチャートがあり、両方とも上から下に時間を変化させています。これがどちらかが縦でどちらかが横に変化する図であったなら、かなり雑に見えてしまいます。物事の変化を示す図がいくつかある場合は、見せ方が違っても、上から下に向かって変化するというように、ルールを決めて、変化の方向をそろえたほうが混乱しません。

またチャートは横に変化するものよりも縦に変化していくもののほうがスピーディーに伝わります。じっくり読み進んでもらえるような媒体であれば、横方向でも構いませんが、広告やダイレクトメールの場合は早く伝わる方法を選んだほうがいいでしょう。